スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルエット ろます

なんのこっちゃ わけわかりませんが
20130730_1



【解説】
20130730_2
ひつじ横向き、おカミも横向き。
おカミのお休みを妨げぬよう、このように膝下は常に鋭角に折りたたんで寝る姿勢をとっております。
スポンサーサイト

とんとん ダッシュ

このところ ひつじの爆睡レベルが高いので 明け方に御伺候かなわず、おカミにおきましては 毎朝たいへんお怒りのご様子。

出動前のあわただしい時間に 「あ゛゛゛~」と何かを強くご所望になられます。

「ふぇ~ この時間帯は何卒ご勘弁ください。」って 一応言っては見ますが、365日続けている「チュー子タン持ってきて」が いまだに理解できないおカミには、ちと 言葉がむずかしいようでございます。

単に長い夜がツマラなかったので お怒りだと思いますが、ひつじが出掛けるまでの短い時間になんとか遊ぼうというクレバーな脳みそが一部あるとしたら驚くべきことです。 

仕方がないので歯磨きをしながらスリッカーで 「オイドとんとんサービス」
おカミは このトノトンがたいへんお好きであらせられます。
20130725_1

トントンして さっと逃げる。 忘れ物をしても振り向いちゃだめなんでございます。


※「オイドとんとん」は好きな方とキライ方がいらっしゃり、へたにトントンすると痛い目にあう場合もありで要注意。

ぺったり

工房はまだ40度に達しっていないので 灼熱感がいまいちですが

おカミはお暑いようで

ぺったり
20130715_1

クーるマットやイグサ風クッション、たたんだ紙袋などを そこここにご用意いたしましたが、いまのところ床が一番お気に召しているご様子。
掃き出し窓があいていれば そこからの風の通り道、締め切ってクーラーONなら クーラー部屋のドアの外側の床、と 概ねポジションが定まっております。

御出自が高貴(?)なせいか、たとい 暑すぎるとか 気持ちがよすぎるとかいふ場合でも
このようにシドケナイ姿でお休みになることはございません。
20130712_adu

あっ この姿でおもいだした!
ヤサトの黒 

G扁桃腺上のアリァ

ひき続き灼熱の群馬。遭難の危険回避のため 本日はあたくしは妖怪館に非難いたしました。
職人Gは連戦の疲労のためか扁桃腺が中爆発し、バッハを聞きながら自宅静養中です。
おカミは 暑さのせいかお鼻がずっとピンク色です(これでは眠さのレベルが鼻の色で判断できない)

扁桃腺Gとは かなり古くからの付き合いらしので 本人も概ね危険度がわかるらしく 青森前から気にしておりましたが、「まずい」と、先日まずは内科へ、翌日「だめだ」と耳鼻科へ。で、点滴されました。 どうも大爆発ちょい手前だったようで、惨事にはいたらず ほっとしております。
奥深くまで覗いたことがございませんが、耳鼻科の先生曰く「あなたの扁桃腺は切るのもイヤだわ」だそうです。 

ところでこの耳鼻科。以前にGが利用した時もヒマげだったようですが、相変わらず耳鼻科なのにヒマな病院らしく、話を聞いていると、原因はその先生のなんじゃないかと勝手に推測いたしました。「ヤブ」ではなさそうなんだけど、愛想(?)が悪いというか なんというか。

患者に「なにが、どこで、どんなふうに」の明瞭なレジメを要求するようです。具合の悪いときにやめてくれよ、と言えないのが患者の弱みでしょうかw あとは 説明するときの口調とかが ちょっとsolid bold alias。 当人は順調に回復しておりますので オケということで。

Gが今回もその病院を選択した理由はもろもろありますが、とにかく医者は愛想より ある程度の信頼性ということでしょうか。

このあたりでおもしろい耳鼻科をお探しの方は キーワード「玉村 耳鼻科」でグーぐる一発検索。 

しょっぱかった

おあっつうございます。

「かくのごとき夢 あれれ?」な青森から帰りまして まだ時差ボケが取れない感じでございます。
かの地では 妖刀「正兼」を上回る切れ味の「又兼」(3つ胴金象嵌入り)にストっとやられました。(あたしたち弱すぎ) 最新アイテムのジョージイやデカキャッターごとき少数では ちょっとお話にならない感じでございました。

しかし 食エリアは旨そうなものがいっぱいでございました。しゃもロックとか パスタとかね。目の毒だらけな感じ。脳にダイレクトな幸せだから、やっぱ普通は食べ物に勝てませんわね。 あたくしは誘惑に負けませんけど。

食べ物といえば、暑いせいか おカミが最近 お魚ゼリー仕立て+カリカリをあまりお食べにならず、もっぱら いなばの「焼きささみ(かつお味)」

「カリカリもお召し上がりください」
盆栽も上手なおカミ。お草の葉先のみをシャクシャクとつみながら「ふーん」
20130712_m1

この焼きササミがうまいんで。 手についたカスをヒツジもちょっといただくんですが、かなり美味なんでございますよ。塩分を加えてないって書いてありますが、ひつじが旨いと感じるってことは、ねこ様にはあまりよろしくないかも とヒソヒソ相談しておりました。

気になって カナンphc[2]のカリカリ(予防のための療治食)を見てみると 0.3g/100calのナトリウム。 へー 結構はいってんじゃん。どうりで旨いわけだ(実食済み) どうも ある程度の尿量を確保するためにはナトリウムも必要だとか。(尿路疾患に関して)あとはミネラルバランスの問題らしい。 ふーん そういうものか。と 勉強した次第です。

じゃ ささみはオケですね。

いのり

雨ならちょっと、と考えておりましたが、晴れてしまったんでございます。 ということで出陣。ゆっくり行っても2時間くらいのところですので、まあ 様子見に。

成田さん薬師寺の参道脇にてのクラフと市。 営業といふより、お参りがメインとなりました。
(...中略...)関係者には言わずもがなの、つまり、その、アットホームな、えーっと、まあそんな感じでございます。

早速 テープキャッター(大)を持って行きました。「これいいんだけどな」と「な」が付きまして、残念。「お値段が」で「が」が付きまして残念。「そうですね(お姉さん そいつにはあっしの明日がかかってますんで)」 ごめんなすって 


こちらが観光バスも乗り込むほど御利益レベルの高い「ぴんころ地蔵さま」 
20130630_1
(ご本尊じゃなかったみたいです)

ピンコロ希望(想定)の関係者が多数のため、お賽銭の金額に悩みましたが とりあえず今回は23人分投げてまいりました。いやー 全然足りませんでしたね。 ちゃんと 希望者を募集・選考しておけばよかったと反省しております。

2日目、早めの撤収準備にかかっておりますと クラフト市には少しめずらしいお客様が登場
20130630_2
ほー お客様、ハーネスではなく首輪のみでございますか、ステキ。

アドゥを工房の庭で散歩(訓練)させていたことも ありましたが、急にダーっっと走って ドドッと木に登られ、リードを安全キープするために ヒツジも木にのぼることが度々あり 中々たいへん。 そもそも「ねこ様」をつなぐこと自体 暴挙でございました。

もとい、約50ブース出展で、オ顔を存じ上げている方もチラホラいらっしゃり、「あれ~? こちらは?」「初めての参加」「なるほど」 ってな感じで。 場所はあたくし的にツボなんですけどね。

次回のぴんころ希望者が1000名を超える場合は、また出展せねばなりませぬ。お申し込みはお早めにw
まる様のお箱
中身より箱がほしくって
まる様ランキング


にほんブログ村

プロフィール

まる様のひつじ

Author:まる様のひつじ
あるタテヨコから2008年よりヒツジ(職責)となりまして、マル様(たぶん2004生♀)にお仕えしております。 「ねこのきもち」はわかりませんので、モグラですが「ひつじのきもち」をつづりたいとおもいます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
てすと
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。